忍者ブログ

SAY企画 公式ブログ

SAY企画の公式ブログです

SAY企画vol7『― 世迷堂質店、晦日 ―』

SAY企画vol7『― 世迷堂質店、晦日 ―』

 古い民家の佇む住宅街の中、ぽつんとある『世迷堂質店(よまいどうしちてん)』
 店には1人のバーサンがいる。
 バーサンの元に、今日も人が尋ねてくる。

「なんだい、また遊びに来たのかい」

 バーサンの不思議な力…話術、といってしまえば味気ないので、力、としよう。

「それじゃ今日は、このコの話にしようかね」

 その力とは、物の言葉を話すこと。
 物に宿った物語を語ること。
 掛け軸、人形、ツボ、着物、古銭、楽器、碁盤、刀…
 店に持ち込まれた品々にまつわる物語をバーサンは語る。
 愛用の懐中時計が刻むリズムに乗せて。


[扇子―センスも無けりゃァオチもねぇ]
 地方から2人の若者が夢を追って上京してきた。
 1人は、落語家を夢見る落ち着きの無い男。
 もう1人は、音楽家を夢見る才能に溢れた男。
 元々友達だった2人は、見る夢は違えど同じ追う者として一緒に生活を始めたのだが…

 夢に現実がにじり寄ったとき、彼らは何とどう決着を付けるのか?
 そして、彼が手にした扇子の行末は?


[プレゼント―とりかえばや]
 あるところに、貧しい親子がいた。
 それこそ、子どもの毎年のプレゼントに困るほど。
 店主は事情を聞くと提案した。

「また来年おいで。今年の玩具を来年買い取る。その金で新しい玩具を買っていく。その次の年もそのまた次も」

 母は翌年、約束どおりやってきて違う玩具に買い換える。
 それを繰り返すうち、母は尋ねた。

「どうして子どもが欲しがる玩具をぴたりと当てられるのですか?」

 店主は答えた。

「玩具がね、あんたの子どものことを教えてくれるからさ」

 これは、玩具と親子の話。
 毎年1つ選ばれて1年を過ごし、次の1つに親子のことを託し、その生活を見守りあった玩具の話。
 子どもが大人になるまで続いた、玩具と親子と、それを結んだ質屋の話。


―公演概要―

○日時
 2016年11月
 24日(木)    /☆19:00
 25日(金) ◆13:30/◆19:00 
 26日(土) ☆13:30/☆19:00
 27日(日) ☆12:00/◆17:00

 ・開場は開演の30分前
 ・上演は約110分を予定
 ・終演後30分程度の交流時間あり


○場所
 エリア543
 東京都杉並区井草5-5-25 西ビルB1F
 上井草駅 徒歩2分


〇料金(いずれも1ドリンク付き)
 前売→2800円
 予約(当日清算)→2800円
 当日→3000円
 リピーター→1500円

〇予約・販売
https://mailform.mface.jp/frms/shiika777/xm0ktuv8yst3


―出演者―
池尾唯(レジェンドステージ)
ともよ(レジェンドステージ)
渡辺みにえ(レジェンドステージ)
新濱卓(トリニティフォース・劇団大富豪)
伊藤翔悟
清水敏夫
大野徹(劇団かっぱ倶楽部)
高田那由太(なゆたハムニダ)
中村慧
升野紗綾香
橋本明花
☆椎名ゆかり(劇団わらって)
◆蝶乃円香(総合学園ヒューマンアカデミー新宿校)

 ☆と◆はダブルキャスト。
 どの回に出演するかは公演日程をご確認下さい。


―スタッフ―
企画 SAY企画
   世迷堂制作チーム
原作 Yunomi
作  しいか
制作 表現集団ATP
演出 島崎敦毅
舞台 中園良輔
   七色工房
音響 トライ・サウンド
協力 レジェンドステージ
   Project-Pandora
   茅野奏
   kazu
印刷 P-BOX


■SAY企画とは?■
SAY企画の特徴をさっとご紹介

・アナタの身近に役者と演劇と物語を
・現代ベースの物語を、演出方法の違うオムニバスで
・カフェやイベントスペースなど一風変わった空間で
・お帰りのさいは、明日もがんばれるようなお話を

そんなことをイメージして立ち上げたユニット。
年2回の活動を目指して、第7回目に突入!



■連絡先■
電話・FAX 03-6426-8085(制作:表現集団ATP)
郵送 〒142-0053 東京都品川区中延4-21-11 パールハイツ105 SAY企画
メール say_info@yahoo.co.jp(SAY企画)
公式ブログ http://say.o-oi.net
ツイッター @saykikaku
PR

WSオーディション終了しました。



■SAY企画ワークショップオーディション■
『アナタの癖のくずし時』が
終了いたしました☆
たくさんの方に
参加していただき
SAY企画一同
感謝しております(>_<)
とても楽しく
参加者さん達と一緒に
学ぶことができ、
SAY3人娘も
ウキウキでございました♪
誠に、誠に
ありがとうございました☆

SAY企画次回公演は
質店のお話。
乞うご期待!!!

ー世迷堂質店、晦日ー
2016年11月24日~27日
エリア543(上井草駅徒歩2分)

詳細はまた後日☆


SAY企画VOL7『― 世迷堂質店、晦日 ―』 [キャスト募集]

SAY企画VOL7『― 世迷堂質店、晦日 ―』

[キャスト募集]

SAY企画では、2016年冬公演のキャストを募集しております。
参加をご希望の方は、下記公演概要と参加条件をご確認の上、ワークショップオーディションにご参加下さい。
また、公演に参加したいが、どうしてもワークショップオーディションの日程があわない場合は、その旨ご連絡下さい。


■SAY企画ワークショップオーディション■

『アナタの癖のくずし時』

 声、体、演技、いろいろなところに『癖』ができると、一人ではなかなか崩せないもの。
 ワークショップを通して『どんな癖』があるのか、どうすると『癖が崩れる』かを体験してみませんか?

 また、希望者は、SAY企画冬公演出演の選考も実施。
 ワークのみの方も、選考希望の方も、お気軽にお申し込み下さい。


― ワーク内容―
『心』と『体』をほぐす【シアターゲーム】
『癖にまつわる』【ポイント講座&実践】
『自分と相手』を深める【ディスカッション】


―対象
18歳以上(初級~中級向け)


―日時
2016年9月25日(日)
 受付 13:45
 開始 14:00
 終了 16:00

2016年9月29日(木)
 受付 18:45
 開始 19:00
 終了 21:00


―場所
品川区内施設
※詳細は申し込み後にお知らせします


―参加費
800円


―申し込み期限
9月19日(月)


―参加申し込み
say_info@yahoo.co.jp(SAY企画)に
『名前(芸名等可)、年齢、性別、連絡先、参加希望日、オーディション希望の有無』を明記の上お申し込みください


〇コーチング担当〇
『島崎 敦毅(シマザキ アツキ)』
1983年10月4日生れ 男
演出家、演技トレーナー、青少年表現育成家、演劇部&演劇会講師
SAY企画・Project-Pandora主宰

個性を生かしキャラクターを受け入れる、役者と人物の融和を基本に指導。
台本と演出を楽譜やレシピのように捉え、
パートとしての理解・発掘・調整を求める。
読みでは役者の『音』に拘り、人物や情景を深める多彩な声を引き出す。




■公演概要(予定)■

質屋を舞台としたオムニバス。
短編3本+全体進行

―あらすじ―
古い民家の佇む住宅街の中、ぽつんとある『世迷堂質店(よまいどうしちてん)』
長い間、爺さんと婆さんが守ってきた店には、今も様々な物語と共に生きてきた品が並んでいる。
時計、掛け軸、人形、ツボ、着物、古銭、楽器、碁盤、刀…
もしあなたがお望みとあらば、お聞かせしましょう。
人と共に歩んだモノ達の、そのお話を。


日時
 2016年11月24日~27日
 ※小屋入りは11月21日(月)より

公演回数
 全7回公演(木曜日は夜1回づつ、金土日は昼夜2回づつ)

料金
 2800円
 1ドリンク付き

場所
 エリア543
 東京都杉並区上井草5-5-25 西ビルB1F
 上井草駅 徒歩2分



■キャスト募集に関して■

―募集人数―
10人~12人(男女合わせて)


―役者条件等―
・18歳以上の男女(舞台経験の有無問わず)
・チケットノルマ
 18枚
・チケットバックあり
 ノルマ越え1枚につき50%バック
・デポジット(預り金)
 15000円を顔合わせ時に納付。
 公演終了後反省会にて返却


―稽古などについて―
顔合わせ
 2016年10月14日(金)

稽古
 顔合わせ以降の
 月水金18時~21時+土13時~21時
 ※10/15と10/22は休み

清算会
 12月9日



■SAY企画とは?■
SAY企画の特徴をさっとご紹介

・アナタの身近に役者と演劇と物語を
・現代ベースの物語を、演出方法の違うオムニバスで
・カフェやイベントスペースなど一風変わった空間で
・お帰りのさいは、明日もがんばれるようなお話を

そんなことをイメージして立ち上げたユニット。
年2回の活動を目指して、第7回目に突入!



■連絡先■
電話・FAX 03-6426-8085(制作:表現集団ATP)
郵送 〒142-0053 東京都品川区中延4-21-11 パールハイツ105 SAY企画
メール say_info@yahoo.co.jp(SAY企画)
公式ブログ http://say.o-oi.net
ツイッター @saykikaku

ともよ出演情報☆

【みらくる・ぺいん& ~最後の日はアナタと~】


巨大隕石落下による滅亡が公表された時、パイロットでもヒーローでもないキミたちは最後の時を誰とどう過ごすだろう?

隕石落下の阻止を願う?
夫婦で過ごす?
憧れの人に会いに行く?
部屋に閉じ籠る?

刻一刻と迫る、ありふれた最後を描くSF(少し不思議)なオムニバス


―演目―

[彼と彼女の事情]
「やぁ、またせちゃったね」
「ううん、今来たところ」
 有り触れたカップルの会話のようだが、なにやら事情があるようで…
 あなたはどこで二人の事情に気が付くでしょう?


[タダシさん(57才)は名前を呼びたい]
 子供達は大きくなった。それぞれ最後の日に向けて仕事をしている。
 妻とは長年連れ添った。色々あったが『死ぬまで一緒に』の約束を果たせそうだ。
 それはそうと、困ったことがある。妻の名前を呼びたいのだが…正直今更恥ずかしいのである。
 『アナタ』と『オマエ』が行ったり来たりのリビングストーリー


[ぶん投げ男とかっ飛び女]
 隕石をかっ飛ばすべく、バットを担ぎ上げた女がいた。
 隕石など関係なく、全てをぶん投げた元野球少年(現おっさん)がいた。
 そして女と男は出会ってしまった。
 世界で一番重い一打席に向かう女と、一打席の重さを知っている男の物語。


[みらくる.ぺいん&]
 世はまさに世紀末。
 ひゃっはーな男にひゃっはーなことをされ、声をなくしたミュージシャンがいた。
 思い出すだけで…声を出そうとするだけで溢れ出る『ぺいん(痛み)』。
 それでも彼女は音を求めた。痛みの先にある、みらくるを求めて。


〇日程
2016年9月
18日(日)   13:30/18:30
19日(月・祝) 13:30/18:30

・全4回公演
・開場は表記時間の30分前
・上演は110分を予定
・終演後交流時間あり


〇場所
 レンタルスペース+カフェ 兎亭
 東京都練馬区旭丘1-46-12エイケツビルB1
 西武池袋線「江古田駅」から徒歩7分
 都営地下鉄大江戸線「新江古田駅」から徒歩13分


〇料金
 前売り・予約2500円
 当日2800円
 リピーター1500円

〇予約
↓公演のご予約はコチラ↓
https://mailform.mface.jp/frms/shiika777/p8zzcyswlpmu



◆キャスト(50音順)
石原功助
kazu
ギン
島袋光(プロダクション☆A組)
清水敏夫
白鳥真理
TOMO
ともよ(SAY企画)
初山ほのか

水崎龍磨(総合学園ヒューマンアカデミー新宿校)


◆スタッフ
原作 Yunomi
作  しいか
演出 島崎敦毅
企画 しーゆーらいぶらりー
制作 表現集団ATP
舞台 ZONO
   七色工房
音響 トライ・サウンド
協力 SAY企画
   Project-Pandora
   茅野奏
印刷 P-BOX




■連絡先■
企画 しーゆーらいぶらりー

電話・FAX 03-6426-8085(制作:表現集団ATP)
郵送 〒142-0053 東京都品川区中延4-21-11 パールハイツ105
メール siika777@yahoo.co.jp

イベント終了しました。



SAY企画初のイベント!
『いっつぁSAYたいむ』
終了いたしました☆
たくさんのお客様と
楽しい時間過ごす事ができました!
三人娘のおもてなしは
いかがでしたでしょうか?!

伝言ゲームや風船割りゲーム。
CMタイムも大盛り上がり!
笑い声で溢れた
イベントとなりました!

本当に、本当に!
ありがとうございました!!!

次回公演は冬!!!
SAY企画VOL7
『ー 世迷堂質店、晦日 ー』
キャスト、スタッフ、お客様を
だいだいだい募集中です!!!

ではまたお会い致しましょう☆