忍者ブログ

SAY企画 公式ブログ

SAY企画の公式ブログです

5月ワークショップ&6月公演出演者募集!

SAY企画ワークショップ&講座
『キミがSAYするキャラクター』


全6回のワークショップ&講座。
既存の台本を通じて、キャラクターの捕らえ方、捕らえた特徴の表現の仕方を掴んでいきます。
また、6月公演の出演者も募集中。

希望者はSAY企画6月公演(2016年6月25日&26日、場所:兎亭)に出演できます。
ワークショップで学んだ経験・知識を元に、本番の舞台に立ってみませんか?
ワークショップだけでもOK、どちらも参加もOK。

台本は、役者がSAYしてくれることを待っています。


― ワーク内容―
『心』と『体』をほぐす【シアターゲーム】
『キャラクター』を掴む【ポイント講座】
『演技&表現』へうつす【テキストワーク】
『自分と相手』を深める【ディスカッション】

※ワークで使用する台本は、

著:越智優『七人の部長(晩成書房)』または
著:しいか『夢幻図書館へようこそ(東京都演劇教育研究会)』を予定しています


―対象
18歳以上(初心者~中級者向け)


―日時(全6回)
2016年
5月7日、9日、12日、14日、16日、19日
各回共19:00~21:00


―場所
品川区内施設


―参加費
5000円
何日参加しても料金は同一


―申し込み期限
4月末
※5月に入ってからのご応募は、事前にお問い合わせ下さい


―参加申し込み
say_info@yahoo.co.jp(SAY企画)に
『名前(芸名等可)、年齢、性別、連絡先』を明記の上お申し込みください


〇コーチング担当〇
『島崎 敦毅(シマザキ アツキ)』
1983年10月4日生れ 男
演出家、演技トレーナー、青少年表現育成家、演劇部&演劇会講師
SAY企画・Project-Pandora主宰

個性を生かしキャラクターを受け入れる、役者と人物の融和を基本に指導。
台本と演出を楽譜やレシピのように捉え、
パートとしての理解・発掘・調整を求める。
読みでは役者の『音』に拘り、人物や情景を深める多彩な声を引き出す。


■キャスト応募に関して■

参加希望の方は必要事項を明記の上、お問合せください。
希望者は原則として出演して頂きますが、募集人数を大きく超えた
場合は、選考を行います。

―稽古について
5月→23日より 週3(月、木、土の夜)
6月→上記に追加(金の夜、土の昼)


―役者条件等―
・18歳以上の男女(10名前後) 舞台経験の有無問わず
・チケットノルマ
 ワークショップ参加者→12枚
 公演のみ参加者→15枚
・チケットバックあり
 ノルマ越え1枚につき1000円バック
・デポジット(預り金)
 15000円を顔合わせ時に納付。
 公演終了後反省会にて返却

―必要事項
氏名/フリガナ/性別/年齢/所属事務所・団体・学校/
連絡先(電話、メール)/特記事項/



■6月公演【RE:くえすと】■
ストレート&エチュードの再公演

2016年6月25日(土) &26日(日) 2日4回公演
レンタルスペース+カフェ 兎亭
前売→2000円 予約→2000円 当日→2500円

※詳細は企画のブログをご覧下さい※
http://say.o-oi.net


〇連絡先〇
電話・FAX 03-6426-8085(制作:表現集団ATP)
郵送 〒142-0053 東京都品川区中延4-21-11 パールハイツ105 SAY企画
メール say_info@yahoo.co.jp(SAY企画)
PR

SAY企画vol6 [RE:くえすと] 

SAY企画vol6 [RE:くえすと] 

SAY企画VO1~VOL3までの各オムニバス公演
から1本づつを選んでの再公演集。

毛色の違う3演目は、見たことのある人には
懐かしい、無い人には新鮮な、そんなリクエスト公演。


+同時企画、ワークショップもあります


―公演概要―
【RE:くえすと】

〇日程
 2016年6月
 25日(土) 14:30/19:00
 26日(日) 13:30/18:00
・開場は開演の30分前
・上演は約110分を予定
・終演後30分程度の交流時間あり


〇場所
 レンタルスペース+カフェ 兎亭
 東京都練馬区旭丘1-46-12エイケツビルB1
 西武池袋線「江古田駅」から徒歩7分
 都営地下鉄大江戸線「新江古田駅」から徒歩13分


〇料金
前売→2000円
予約(当日清算)→2000円
当日→2500円
リピーター→1000円


〇予約・販売
https://mailform.mface.jp/frms/shiika777/xm0ktuv8yst3


―出演者―
池尾 唯
ともよ
渡辺 みにえ



―演目紹介
[究極彼氏制作委員会]
 ワレワレは、究極彼氏委員会。
 委員会ノ目的は、究極ノ彼氏ヲ作るコト。
 設定を盛り込め、ステキなセリフを喋らせろ、集え女子よ、理想の彼氏を今ここに。
 なお、この物語には一部アドリブが含まれます。


[あまきゆめみし]
 少年が目覚めると、そこは懐かしいような怖いような不思議な場所だった。
 傍には女性が一人。尋ねてくるのは、子供たちに、物売りに…
 理解の追いつかない少年の、しかしはっきりと分かっていることが1つだけ。
 「これは夢でしょう?」


[専業主婦、子供無し、20代…旦那に浮気されています]

 ―専業主婦、子供なし、20代…旦那に浮気されています。どうしたらいいでしょうか?

 書き込まれたその1行から、掲示板は動き出す。

 ―離婚だ、調査だ、慰謝料だ
 ―再構築だ、熟考だ、見て見ぬふりだ

 親にも友達にも頼れない主婦がすがったのは、顔も見えない相手しかいないインターネット掲示板。

 真意の見えない言葉の中から、彼女が選んだ結末は?


―SAY企画とは?―
SAY企画の特徴をさっとご紹介

・アナタの身近に役者と演劇と物語を
・現代ベースの物語を、演出方法の違うオムニバスで
・カフェやイベントスペースなど一風変わった空間で
・お帰りのさいは、明日もがんばれるようなお話を

そんなことをイメージして立ち上げたユニット。
年2回の活動を目指して、第6回目に突入!


―スタッフ―
企画 SAY企画
   りくえすと制作チーム
原作 Yunomi
作  しいか
演出 島崎 敦毅
制作 表現集団ATP
協力 Project-Pandora


―連絡先―
電話・FAX 03-6426-8085(制作:表現集団ATP)
郵送 〒142-0053 東京都品川区中延4-21-11 パールハイツ105 SAY企画
メール say_info@yahoo.co.jp(SAY企画)
公式ブログ http://say.o-oi.net
ツイッター @saykikaku

皆様、お疲れ様でした。




精算会と言う名の
打ち上げを
しましたー(>_<)
キャスト、
スタッフが集まり
美味しい料理と
お酒を飲んで
楽しみました♪
新鮮な魚介類を食す!
素敵なお店と
店員さんでしたー(>_<)
感謝、感謝です☆

 
盛り上がりすぎて楽しすぎて
みんな壊れかけてましたが。笑
それも
良き思い出ですね☆笑

 
SAY企画は
次の舞台に向けて
歩み始めてます。
6月公演も
新しいコトに
チャレンジします☆
お楽しみに(>_<)


『芝居飯』終了

先日はSAY企画VOL5『芝居飯』にご来場、及びご検討頂きありがとうございました。
 演出、代表、島崎です。
 おかげさまで公演も無事に終了し、打ち上げを残すだけとなりました。

 今回は今までの公演に比べてコメディ色が強く、短編集ではありましたが、キャストも頭から最後までほぼ全員がずっと出ている、という部分などもあり、今までのSAYとはやや色合いの違う箇所もありました。
 とはいえ、そこはSAY。
 普段は稽古場として活用されている空間に、自分達なりの空間を作れたようにおもいます。

 その立役者はなんといっても、お客様、でしょう。
 今回の2本目の演目には、お客様とコミュニケーションをとりながら進めるシーンがあり、正直うんともすんとも反応がなかったらどうしようかなと冷や汗をかいておりました。
 が、そんな冷や汗はすぐに笑いへと変えることができました。
 お客様が笑えば、役者も笑う。
 役者が笑ってもらえれば、お客様は笑える。
 互いに笑えれば、笑いは続く。
 もちろん、笑いだけでなく。

 演劇というのは、信頼の中でできてるなと改めて思うワンシーンでした。
 客席は拘束されているわけではないので、やろうと思えば奇声を発することも、舞台に乗り込むことだってできるわけで、しかしそんなことをする人がいると思っていては、公演なんてできないわけで…
 甘えてはいけないと思いますが、お客様がお客様であることを信じられるというのは、演劇のよさの一つだなと思うのです。
 そしてその信じるに値するお客様がいるからこそ、作り手も裏切らないように励んでいく。

 物語としての主役は舞台の上におりますが、公演の主役は実は客席にいる。

 そんな気持ちをボク達が忘れぬためにも、もし気に入っていただけましたら、またSAYの舞台に来て頂ければ幸いです。

 と、他力本願な演出代表、島崎でした。

お客様へ。

劇場までの
ご案内と諸注意です。

明日より始まります、
SAY企画公演
『芝居飯~芝居で飯食う人の日常をキミはマダ知らない~』

場所
『スタジオ543 杉並店』

下記サイトにて『上井草駅』からの
道のりが写真つきで掲載されています。
ご来場の際、お役立てくださいませ。



http://studio543.main.jp/99_blank011071.html


開場は、それぞれの開演30分前を
予定しています。
会場の都合上、
開演しますとご案内できなくなる可能性がございますので、
余裕を持ってお越しくださいませ。
また、
会場は土足厳禁となってなっております。
入り口で靴を脱いでいただくよう
お願いしておりますので、
脱ぎやすい靴でのご来場をおすすめいたします。

それでは、会場でお待ちしています。
お気をつけて、お越しくださいませ。