忍者ブログ

SAY企画 公式ブログ

SAY企画の公式ブログです

ともよ出演情報☆

ナオサク企画第5回公演 第21回松本演劇祭参加作品
「小石光り」
作・演出、秋直作

出演
石川ひとみ(スターダス・21)
石毛誠
井上美貴(個人劇団スローカーブ)
金城色
ジュン
ともよ(レジェンドステージ)
船越圀子(劇団かに座)
野宮有姫(シックススペース)

スタッフ
舞台監督、たきざわ勝彦(一芸企画)
照明、馬場千晶、中園良輔
音響、秋直作
制作、境田博美
イラスト制作、古城尚人
方言指導、鶴田まや
アクセサリー製作、あぼかぼショップ

ナオサク企画とは
秋直作が自分の作品を上演するためにつくった演劇ユニットです。普遍的なものを深く掘り下げていく作品スタイルを目指しています。
しばらく休止していましたが、2014年、活動再開しました。

横浜公演
日時:2016年10月16日(日)19:00~
※開場は開演の30分前です。

チケット/お問い合わせ
e-mail:project-naosaku@outlook.jp
HP:http//www008.upp.so-net.ne.jp/naosakukikaku/

前売・当日共
 一般2000円
 高校生以下1500円

場所:岩崎博物館(ゲーテ座記念)
・みなとみらい線(東急東横線直通)元町・中華街駅(5番)元町口・改札口~(6番)アメリカ山公園口より徒歩3分
・JR根岸線石川町駅南口より徒歩15分
・神奈川中央交通バス11系統(桜木町駅~保土ヶ谷駅東口)、横浜市営バス20系統(桜木町駅~山手駅)ともに「港の見える丘公園前」下車
〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町254
TEL 045-623-2111
FAX 045-623-2257
HP http://www.iwasaki.ac.jp/museum/index.html

主催 ナオサク企画

松本公演
第21回まつもと演劇祭参加
日時:2016年10月29日(土)
      10月30日(日)

チケット/お問い合わせ
http://magenavi.com/engeki/

一般 前売2000円 当日3000円
学生 前売1000円 当日1500円
単券 一般・学生共1000円
※単券は一団体のみ観劇可能、当日販売です。

場所:ピカデリーホール
・タウンスニーカー(北コース)「上土町」下車、南へ徒歩約3分
・タウンスニーカー(東コース)「はかり資料館」下車、北へ徒歩約5分
・信大横田循環線「上土町」下車、南へ徒歩約2分
〒390-0874松本市大手4-7-2
TEL (0263) 32-0088
HP http://piccadillyhall.jp/

まつもと演劇祭とは、演劇の街・松本で、多くの人に演劇を観て、楽しむ文化を体験してもらう事を目的とし、また、地方都市で活動している劇団を応援し、交流を深める全国でも珍しい演劇祭です。
今年は10月28日(金)~(日)まであり、全部で11団体が参加します。ナオサク企画はそのうち、29日(土)と30日(日)の参加となります。
HP http://magenavi.com/engeki/

主催 第21回まつもと演劇祭実行委員会
後援 松本市、松本市教育委員会、松本市芸術文化祭実行委員会等
PR

ともよ出演情報☆

【みらくる・ぺいん& ~最後の日はアナタと~】


巨大隕石落下による滅亡が公表された時、パイロットでもヒーローでもないキミたちは最後の時を誰とどう過ごすだろう?

隕石落下の阻止を願う?
夫婦で過ごす?
憧れの人に会いに行く?
部屋に閉じ籠る?

刻一刻と迫る、ありふれた最後を描くSF(少し不思議)なオムニバス


―演目―

[彼と彼女の事情]
「やぁ、またせちゃったね」
「ううん、今来たところ」
 有り触れたカップルの会話のようだが、なにやら事情があるようで…
 あなたはどこで二人の事情に気が付くでしょう?


[タダシさん(57才)は名前を呼びたい]
 子供達は大きくなった。それぞれ最後の日に向けて仕事をしている。
 妻とは長年連れ添った。色々あったが『死ぬまで一緒に』の約束を果たせそうだ。
 それはそうと、困ったことがある。妻の名前を呼びたいのだが…正直今更恥ずかしいのである。
 『アナタ』と『オマエ』が行ったり来たりのリビングストーリー


[ぶん投げ男とかっ飛び女]
 隕石をかっ飛ばすべく、バットを担ぎ上げた女がいた。
 隕石など関係なく、全てをぶん投げた元野球少年(現おっさん)がいた。
 そして女と男は出会ってしまった。
 世界で一番重い一打席に向かう女と、一打席の重さを知っている男の物語。


[みらくる.ぺいん&]
 世はまさに世紀末。
 ひゃっはーな男にひゃっはーなことをされ、声をなくしたミュージシャンがいた。
 思い出すだけで…声を出そうとするだけで溢れ出る『ぺいん(痛み)』。
 それでも彼女は音を求めた。痛みの先にある、みらくるを求めて。


〇日程
2016年9月
18日(日)   13:30/18:30
19日(月・祝) 13:30/18:30

・全4回公演
・開場は表記時間の30分前
・上演は110分を予定
・終演後交流時間あり


〇場所
 レンタルスペース+カフェ 兎亭
 東京都練馬区旭丘1-46-12エイケツビルB1
 西武池袋線「江古田駅」から徒歩7分
 都営地下鉄大江戸線「新江古田駅」から徒歩13分


〇料金
 前売り・予約2500円
 当日2800円
 リピーター1500円

〇予約
↓公演のご予約はコチラ↓
https://mailform.mface.jp/frms/shiika777/p8zzcyswlpmu



◆キャスト(50音順)
石原功助
kazu
ギン
島袋光(プロダクション☆A組)
清水敏夫
白鳥真理
TOMO
ともよ(SAY企画)
初山ほのか

水崎龍磨(総合学園ヒューマンアカデミー新宿校)


◆スタッフ
原作 Yunomi
作  しいか
演出 島崎敦毅
企画 しーゆーらいぶらりー
制作 表現集団ATP
舞台 ZONO
   七色工房
音響 トライ・サウンド
協力 SAY企画
   Project-Pandora
   茅野奏
印刷 P-BOX




■連絡先■
企画 しーゆーらいぶらりー

電話・FAX 03-6426-8085(制作:表現集団ATP)
郵送 〒142-0053 東京都品川区中延4-21-11 パールハイツ105
メール siika777@yahoo.co.jp

2016年1月ー出演情報

SAY企画メンバー、
 池尾唯
 中村知世
 しいか
 Yunomi
 島崎敦毅

が下記イベントに参加します!

・・・・・

『まめ芝。その玖』参加演目


////まめ芝。その玖////

「まめ芝。」は短編のシアターパフォーマンスを集めたミニシアターイベントです。
ラストの"その玖"では”従来の30分ものに加え、15分、45分、60分の持ち時間も設定しました。
演劇、音楽、朗読、ダンス・・・etc、を3~5本立てで上演します。(上演合計時間約110分)
「Everyone Happy」の精神で、関わる全員が充実した時間を共有できることを目指します。


////演目詳細////

朗読劇+ストレート
『こちら東京都練馬区旭丘1-46-12エイケツビルB1兎亭、サイトウです ~ なお全体的にフィクションの模様ってタイトル長っ~』

作:Yunomi/しいか
演出:島崎敦毅


~あらすじ~
 東京都練馬区旭丘1-46-12エイケツビルB1には兎亭というお店がある。
 いや、正確にはあった。
 いや、正確にはもうなくなろうとしている。
 今日が、喫茶店であり、小劇場でもあった兎亭の最後の営業日。
 そんな兎亭に、今までの利用者がやってくる。
 そんな利用者を、今日も出迎える人が居る。

 彼女はサイトウさん。
 兎亭のマスター…だった人。


~出演~
団体名「しーゆーらいぶらりー」
・池尾唯(SAY企画)
・中村知世(SAY企画)
・茅野奏
・TOMO
・かやねこ
・わくらばあずき
・kazu


~参加日時~
1月31日(日)
 [H]11:00~12:50
 [I]15:00~17:00

※上記の枠それぞれ1回づつ30分参加


~「しーゆーらいぶらりー」へのご予約~
siika777@yahoo.co.jp(担当:しいか)



////『まめ芝。その玖』詳細////

■期間 2016年1月27日(水)~31日(日)

■会場 ART THEATERかもめ座(阿佐ヶ谷)
  東京都杉並区阿佐谷南3-5-2 牧野ビルB1
 http://www.kamomeza.com/

■料金 前売/当日共に2,000円
※ひと枠の料金です。2枠以上をご覧になる場合、それぞれにチケットが必要です。
※ドリンクは付いておりません。


■参加団体と開催日時
OA・・・オープニングアクト
団体略称の後ろの(15・30・45・60)は上演時間です。

1月27日(水)
[A]19:00~21:00
OA中野(15)  1:兎団(30) 2:キレイゴト(30) 3:s45(30)

1月28日(木)
[B]19:00~21:00
OA1松尾(15)  OA2斉藤(15)  1:salty(30) 2:AMP(15) 3:兎団(30)

1月29日(金)
[C]14:00~16:00
1:初夜の会(30) 2:AMP(15) 3:salty(30)  4:兎団(30)
[D]19:00~20:50
1:キレイゴト(30) 2:DEAR(45) 3:s45(30)

1月30日(土)
[E]11:00~12:50
OA出口(15)  1:初夜の会(30) 2:ボイスドリル(60)
[F]15:00~16:50
1:DEAR(45)  2:s45(30)  3:salty(30)
[G]19:00~20:50
1:ボイスドリル(60) 2:AMP(15) 3:初夜の会(30)

1月31日(日)
[H]11:00~12:50
1:ボイスドリル(60) 2:しーゆー(30) 3:AMP(15)
[I ]15:00~17:00
1:AMP(15) 2:立体映画(30) 3:しーゆー(30)  4:兎団(30)


■まめ芝に関する問合せ
兎亭/まめ芝。事務局
oukaissou@yahoo.co.jp
050-1204-5745("兎亭"内)
担当:斉藤

中村知世『まめ芝。その捌』参加。

演劇のイベント『まめ芝。その捌』に、中村知世がキャスト参加!
Yunomi、しいか、島崎といつものメンバーも関わってて、
しかも前回『めありー』に参加した、新濱卓さんと石原功助さんも参戦!
1ドリンク付きで1500円で、3つのお話が楽しめるこのイベント。ぜひ、お越しください!

・・・・・

『まめ芝。その捌』参加演目


プロジェクターリーディング
『大道人~イカレル7万人ぐらいの道人と東京都軍~』


~あらすじ~
銃弾を素手でつかむ役者、侍顔負けの殺陣師、47都道府県それぞれが軍を持つニホン…
そんな世界があったとして、そんな世界のニホンが『表現規制法案』を可決したとしたら?

―もちろん、道人が黙っているわけがない―


イカレル道人たちは、不老のマンガ家を女王に掲げ、メガフロートを占拠、ニホンからの独立と王国の設立を宣言。
対するは、元大作家率いる47都道府県軍最強、東京都軍。

『手だし無用、戦車及び戦闘機不要…我らが東京都軍の力を持って、これを制す』

世界に訴えるマンガを作る者たち、
戦場を映像に収め発信する者たち、
知識を振り絞り策を練る者たち、
前線で体を張り、一世一代の大舞台へと臨む者たち、

『よろしい、ならば開演だ』

大道人~イカレル7万人ぐらいの道人と東京都軍~
架空のニホンで起きた、それは命がけのビックステージ。


~出演~
団体名「しーゆーらいぶらりー」
・わくらばあずき
・升野紗綾香
・中村知世(SAY企画)
・新濱卓(ジャックポット)
・石原功助


~日時~
7月11日(C枠 16:00~17:45)
7月12日(F枠 14:30~16:15)


~料金~
1,500円(1ドリンク付)


~場所~
『レンタルスペース+カフェ 兎亭』
 東京都練馬区旭丘1ー46ー15 金建ビルB1
 西武池袋線 江古田駅 徒歩5分
 都営地下鉄大江戸線 新江古田駅 徒歩10分


~お問い合わせ先~
メール siika777@yahoo.co.jp(企画担当)
郵送 〒142-0053 東京都品川区中延4-21-11 パールハイツ105 表現集団ATP
ブログ http://siiyou.blog.fc2.com
電話・FAX 03-6426-8085(表現集団ATP事務所)




・・・まめ芝。その捌・・・

「まめ芝。」は30分間のシアターパフォーマンスを集めたミニシアターイベントです。
2会場、計11の上演枠があり、1枠に3団体が上演します。(上演合計時間約105分)

■期間 2015年7月10日(金)~13日(月)

■会場 江古田”兎亭””ONE'S STUDIO”
 (会場間の距離は約200メートルです)
 兎亭→http://members3.jcom.home.ne.jp/usagitei11/
 ONE'S STUDIO→http://gekidan-ichinokai.com/studio.html

■料金 1,500円(1ドリンク付)
※ひと枠の料金です。2枠以上をご覧になる場合、それぞれにチケットが必要です。
※ワンズスタジオの当日券発行につきましては、上演期間直前にこのブログでお知らせします。
※兎亭は、基本的に完全予約制です。

★ご予約はこちらまで
まめ芝。事務局/兎亭 斉藤可南子
oukaissou@yahoo.co.jp
050-1204-5745
※ご希望の日時・枠([1]など)・お名前・枚数・お目当ての上演団体をお知らせ下さい。

公式ブログのURL http://blog.livedoor.jp/ma_me_shi_ba/


<兎亭>
―7月10日(金)―
[A]20:00~21:45
1:かむがふ 2:ふたりたび 3:兎団


―7月11日(土)―
[B]12:30~14:15
1:ふたりたび 2:出口 3:CHAN'T

[C]16:00~17:45
1:☆しーゆー☆ 2:CHAN'T 3:かむがふ

[D]19:30~21:15
1:salty  2:s45  3:AMP


―7月12日(日)―
[E]11:00~12:45
1:出口 2:CHAN'T 3:AMP

[F]14:30~16:15
1:☆しーゆー☆ 2:かむがふ 3:salty

[G]18:00~19:45
1:松尾  2:DEAR  3:AMP


―7月13日(月)―
[H]20:00~21:45
1:DEAR 2:かむがふ 3:AMP


<ONE'S STUDIO>
 7月11日(土)
[1]18:30~20:15
1:兎団 2:しむじゃっく 3:DEAR

7月12日(日)
[2]12:00~13:45
1:兎団 2:DEAR 3:SOUL
[3]15:30~17:15
1:しむじゃっく 2:トンプソン 3:シックス

中村知世出演【ハイドレント・アンティークショップ】

中村知世、外部出演情報!

・・・・・

Project-Pandora 
―パンドラ童話集 -魔法道具物語より―

~黄昏逝く世界を漂流する魔法道具店で語られる物語~


【ハイドレント・アンティークショップ】


◆日時
2015年4月17日(金)    19:00

   4月18日(土) 13:30/19:00

   4月19日(日) 12:00/17:00

・表記は開演時間

・開場は各30分前

・上演は90分を予定
・終演後交流時間あり
 

◆場所
レンタルスペース+カフェ 兎亭
東京都練馬区旭丘1-46-15
西武池袋線「江古田駅」から徒歩7分
都営地下鉄大江戸線「新江古田駅」から徒歩13分
 
◆料金
前売:2500円
予約・当日:2800円
18歳以下:1500円

【割引】
・リピーター割
 ハイドレント・アンティークを2回目以降ご覧の場合、1500円でご覧頂けます
・初パンドラ割
 初めて『パンドラ』の公演をご覧になるお客様限定。
 当日受付で、お一人さま300円ずつキャッシュバック
※複数の割引・キャッシュバックの併用はできません


◇交流企画ミーツパンドラ開催◇
キャストとお客様の交流の場

4月19日(日)19:30~21:00
参加費:1000円
・トーク
・ゲーム
・公開録音など


◆予約
↓公演と交流企画参加へのご予約はコチラ↓
https://mailform.mface.jp/frms/shiika777/5x23ra328api

 
◆あらすじ
 きがつくと、店がそこにあった。
 
店といっても、町の片隅にある古物屋のカウンター周りだけがカーペットの上に載っている。
 
それがこの店の全て。そんな店が、きがつくと目の前にあった。



 アンティークと呼ばれる、今は亡き神達や魔女達が作ったとされる魔法の道具は、人の力では及ばぬ願いを叶えてくれる。
 ただし対価を支払えばの話だし、もし払えぬのに使用してしまった時には…
 そんなアンティークを貸し出してくれるお店があったとしたら、アナタは貸し出しを望むだろうか?

 魔法の道具と共にオムニバス形式で語られる、ファンタジーリーディングシアター


【人形姫 ~運命磁石(フォーチュンマグネット)~】

 あるところに、とてもキレイなお人形がありました。持ち主はある貴族の女の子。
 人形はお嬢様の元で楽しく暮らしていましたが、それもやがて終わりがやってきました。
 女の子の両親が騙され、没落してしまったのです。親戚に引き取られ、女の子と離れ離れになる人形…その時人形は願いました。

『誰か、私をアノコの側に戻して下さいませ』
 その願いを聞き届けたのは、アンティークショップの商人…

 人形は少女から運命的に離れられない道具を借り、少女の傍に居続けることに成功しました。が、その対価は…

「あなた(人形)の美しさを頂戴します」
 そばに戻る度ボロボロになっていく人形の思いと少女の結末は…




【食刑執行人 ~永久器官(パーペチュアルオーガン)~】

 『不老不死』について思索を巡らせる哲学者が1人…老いとは何か、死とは何か、命とは何か…
 思索の果てに辿りついたのは1つの定義。
 が、その定義に見合うものなど、この世に存在するのだろうか? 答えは…存在した。

 アンティークショップの商人が提示したのは、とある商品。
 商人がいうことには、命―エネルギー効率を最大まで高めると同時に超再生を行うための道具だそうで…

 これは人類の夢の1つ『不老不死』となった哲学者の物語。




 
◆キャスト
茅野奏
中村知世(SAY企画)
稲江鮭(Team F☆POT)
やわも
かやねこ
 

◆スタッフ
原作 Yunomi

作  しいか

演出 島崎敦毅


企画 Project-Pandora

制作 表現集団ATP

   中園良輔

美術 七色工房

音響 トライ・サウンド

楽曲 聖 明人(Telunascoape)

   他

協力 TOMO
   升野紗綾香
   金子和治
印刷 P-BOX



◆パンドラプロジェクトトハ
 複線と心理が絡んだ舞台劇【パンドラの劇場】の世界観を元に、舞台・音声・朗読・イラスト・音楽・グッズなど、多ジャンルにわたる作品群を生み出していく企画。
 
 
◆お問い合わせ
電話・FAX
 03-6426-8085

郵送
 〒142-0053 東京都品川区中延4-21-11パールハイツ105 パンドラ企画

メール
 projectpandora_info@yahoo.co.jp

サイト
 http://pandora.aikotoba.jp

ブログ
 http://pandora.7narabe.net

ツイッター
 @Atp_Pandora

        
  • 1
  • 2